Coop Lights


ABCi vs GNU

ABCi vs GNU

比較表

GNU ABCI
Principle: Reductionism Wholism
License: Copy Left Copy Lights
Propose: Share knowledge Growth both economy and knowledge
Philosophy: Defact standard Diversity
Cooperative mechanism:Standard specification Orthogonalization and space transformation
Design: mainly, centralized controlmainly, autonomous decentralized control
Design policy: general-purpose high-performance
Incentive: Famousness Economic and social value
OS: Linux teaos
Protocol: http,ftp,... tea-protocol
Structure: Layer Isomorphism
Relationship of Hardware: Driver interface Hardware-software codesign
Command line: Pipeline Dataflow
Make: Label Graph
Time axis: Unidirectional Bidirectional
Parallelsim unit: Thread Context
Synchronization method: Blocking Non-blocking
Executable unit: Process Task(lightweight process)
Memory scope: In-machine Inter-machine
data management: Independ on model Depend on model
model management: Source code version control Asset version control
Language: C/C++/Java/Objective-C/... tea-language + C/C++/Java/Objective-C/...
Language features: High level of abstraction and cross-language definition
Testing: Mainly, manually testing Mainly, automatic testing, model driven testing

比較表

GNU ABCI
主義 要素還元主義 ホーリズム(目的適合的)
ライセンス Copy Left Copy Rights
目的 知の共有 知の共有と経済性の両立
価値観 デファクトスタンダード多様性
協調手段 標準化 情報の直交化と空間の変換
設計 主に集中管理 自律分散型
設計指針 主に汎用性 主に高性能
対価 知名度 社会的・経済的対価
OS Linux teaos
プロトコル http,ftp,etc tea protocol
ソフト構造 レイヤ型 同型写像型
ハードとの関係 ドライバI/F ソフト・ハード協調設計
コマンドライン パイプライン型 データフロー型
make ラベル グラフ
時間の概念 単方向 双方向
並列性単位 スレッド コンテキスト
同期 主にブロッキング 主にノンブロッキング
実行単位 プロセス (軽量なプロセスモデル)タスク
メモリ範囲 マシン内 マシン間
データの管理 モデルと独立 モデルと一体
モデルの管理 ソースの構成管理 依存関係を持つアセットの構成管理
言語 C/C++/Java/... tea-language + ABstract-C + C/C++/...
言語の特徴 目的別定義 言語間横断定義と目的別定義の組み合わせ
プリプロセッサ C/C++言語内 tea-macro(言語間横断)
テスト (主に)手動テスト 自動テスト、モデルドリブンテスト